• ホーム
  • ノルバスクの服用でめまいが出るのは危険?

ノルバスクの服用でめまいが出るのは危険?

血圧を測定する医者

高血圧症は血圧が収縮期に140mmHg、拡張期に90mmHgを超える状態をいいます。
高血圧症の発症には様々な原因がありますが、最も問題となっていて、近年高血圧症患者が増加している原因というのは生活習慣です。
特に食生活の欧米化が原因となって、肥満の方が増加傾向大きく関わっていると言われています。
その他、塩分摂取過多、ストレス、喫煙といった要因によっても高血圧症を発症します。

ただ血圧が高いからといってたちまち困る症状が現れるということはありません。
しかし長期間高血圧状態が継続することによって、血管壁が傷つき、動脈硬化、血栓症、動脈瘤などが起こり、脳血管疾患、心疾患、腎不全などにつながってしまいます。
よって、困った症状がない場合でも早めに血圧を正常範囲内でコントロールする必要があります。

血圧コントロールには主に降圧剤を使用した薬物療法が行われます。
様々な種類の降圧剤が存在しますが、カルシウム拮抗薬はその中でも降圧作用が強く、血圧を速やかに下げるには適した薬であるため、高頻度で使用されています。
その中でもノルバスクは最も広く知られているカルシウム拮抗剤です。

ノルバスクは1日1回の服用で1日効果が持続することで、患者さんの薬服用の負担を軽減していることに大きなメリットがあります。
このことから広く使用されているのです。
一方、飲み初めには特に副作用の発現には注意が必要です。
ノルバスクを服用してめまいが起こることは危険な状態であることがあります。
めまいが起こるのは降圧剤が効果が強すぎて低血圧状態になっていることを示す危険信号です。
めまいの症状が現れた場合には車の運転や危険な作業には十分に注意し、早めに主治医に用量の調整をしてもらうようにしましょう。

関連記事