• ホーム
  • ナトリウム過剰摂取での心筋梗塞にノルバスク

ナトリウム過剰摂取での心筋梗塞にノルバスク

血圧を測定される人

高血圧症は治療をしないと、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。
そんな高血圧症を改善するには、食生活の見直しと治療薬の服用が最も効果的だと言われています。
食事内容については、結論を申しますと、塩分を思い切って減らすことが大事です、
食塩はナトリウムそのものであり、ナトリウムを過剰に摂取すると、体内の血液の量が増え、そのことで血管に圧力がかかってくるので、血圧が上昇するのです。
つまり、塩分は体内にあって、水分の維持の役割を果たしていますので、体の外に排泄されづらくなり、そのため、体内の水分量が増え、血液の量が増え、そして、血圧が上がるというメカニズムになっています。
もし、1日に塩分を3g未満しか摂らなければ、高血圧症状は発症しないとされています。
実際の日本人の平均塩分摂取量は、11~12gであるとの調査報告があります。
高血圧症の治療に入ると、1日6g未満という塩分制限が課せられます。
実は、ラーメンの塩分量は約6gですので、たとえば昼食でラーメンを食べると、それだけで制限をオーバーしてしまうことになります。
日本では、伝統的に塩分、すなわちナトリウムの多い食生活に慣れてきましたので、目標値を達成するのは大変な努力が必要だということになります。
今すぐに減塩に踏み切るとなっても、急に食事の味が薄くなると、それはそれで大きなストレスになってきます。
平素から減塩の食事を心がけ、薄味に慣れておくことも大切です。
心筋梗塞や脳卒中を防ぐためにも、減塩は大事なポイントです。

また、昨今では治療薬として、ノルバスクが現場でよく使用されています。
ノルバスクは血管を広げて血流を良くすることで、血圧の適切なコントロールを行います。
副作用もさほどないということで、ノルバスクの評価は非常に高いです。
心筋梗塞や脳梗塞を予防する意味でも、ノルバスクの服用が求められます。

関連記事